正しい知識を得て対処する病気|糖尿病は誰でも起こり得る症状の一つ

医者と看護師
診察

目的に合った病院探し

内科の数が多い城東区だからこそ、クリニックごとの違いをよく見極めなくてはなりません。適したクリニックを選ぶことができれば、いざという事態が起きた時にも安心して足を運ぶことができ、慌てる必要もなくなります。

病気に対する知識を持つ

医者と患者

どんな病気なのか

糖尿病を患っている人からその予備軍までを含めると、かなりの数に上るとされています。そのため、何となくそれほど大したことのない病気というイメージが先行してしまっていますが、実はさまざまな症状を引き起こす油断のならない病です。人の体は食事をすると血糖値が上がり、運動などでエネルギーを使うと血糖値が下がります。このコントロールをしているのがインスリンです。けれど、糖尿病の人はインスリンの作用が十分でないために血糖値のコントロールができなくなり、常に体内の血糖値が高いままになってしまうのが最大の特徴です。血糖値が高いままだと尿の量が減ったり、のどの渇きがひどくなったり、疲れやすくなるといった症状が起こってきます。

医療機関で治療を受けよう

糖尿病になったら、医療機関で治療を受ける必要があります。医療機関を利用する最大の目的は、常に血糖値がどの程度になっており、自分の体に糖尿病であることの症状がどのくらい出ているかを発見してもらうことにあります。軽度の糖尿病の場合は自覚症状に気づけないことも多く、それが予備軍を増加させている要因の一つでもあると考えられます。中高年以降になるとインスリンの分泌が減ってきますが、運動不足や高カロリーの食事などが肥満につながり、糖尿病の発症につながるケースが大半です。メタボ検査が義務付けられたのも、糖尿病患者の増加が一つの要因であることは間違いないでしょう。医学的な治療とともに、軽度の時には医師による指導が、重篤化しないために効果的です。

ドクター

治療方法を学ぶ

がんが見つかった時に、抗がん剤治療が必要になる場合もあります。いろんな薬があり、薬のことをきちんと理解する事も大切ですし、がん治療が長くなる場合、不安な気持ちが増す方もいるので、医師との信頼関係も重要になります。

看護師

糖尿病の予防に重要

血糖値の基準値は空腹時と食後で異なります。それは食事により血糖値は高くなるためです。血糖値が高い状態が続くと、肥満の原因になり、糖尿病になるリスクも高くなってしまいます。糖質を摂取することで血糖値は上昇するので、炭水化物や甘いもの、果物などの食べ過ぎには注意しましょう。